笑顔のナース

腎臓病にならないようにするには【初期症状がわかりにくい】

病院に行くことが大事です

シニア女性

腎臓病には初期症状がないので、異変に気づいたときには病気が進行しているときもあります。手遅れになってしまうと治療が難しくなってしまうので、できるだけ腎臓病にならないように気を付ける必要があります。規則正しい食事や生活習慣を身につける必要があります。

日常生活で気をつけなければならないことはたくさんあります。翌日まで疲れを残さないようにしっかりと休息することが大事です。食事をちゃんと食べて睡眠をたっぷりとることで、翌日に疲れを残すこと無く生活することができます。睡眠に関しては8時間くらいにして少なすぎても多すぎても逆効果になるので、睡眠時間には気をつけなければなりません。仕事の時間に関しても残業を多すぎると危険ですし、夜勤中心の仕事だと腎臓病になるリスクが高くなってしまいます。また、立ち仕事中心で長時間働く場合も危険ですし、気温が高温過ぎたりするときも注意が必要です。通勤時間もなるべく短いほうが腎臓病になるリスクを下げることができます。高血圧にならないような食生活を心がけることも必要です。

医師から薬を処方された場合は症状が改善されたとしても飲み続けることが大事ですので、決して自分の意思で中断することはしてはいけません。再び症状が悪化してしまうときもあり、大変危険です。どうしても副作用が辛くて服用したくない場合は、医師にきちんと相談して話し合うことが大切です。状況によっては違う薬を処方されるときもあります。

大腸が炎症を起こす

腹痛

下痢や血便が続いたり福通もある場合は潰瘍性大腸炎の可能性が高いので、早急に病院で診てもらう必要があります。治療方法は様々ですが、最近では漢方薬でも治療することができます。

もっと読む

がんを治療するクリニック

病院

がんになってしまうと気分が落ち込んでしまい、免疫力も低下してしまいます。そのようなことがないように、横浜クリニックでは最適な治療をしています。抗がん剤を使用せずにビタミン剤を使用しています。

もっと読む

血を抜いて再び戻す

血管

健康的な体にしたり美容に気を使っている人は、血液クレンジング療法というものを利用しています。自分の血液を抜いて再び入れるだけですので、誰でも簡単に利用することができます。

もっと読む